リンク集

2017年09月13日

摂理の妙味


      みまえにきよく傷のない者となるようにと、天地の
           造られる前から、キリストにあってわたしたちを選び、
           わたしたちに、イエス・キリストによって神の子たる
           身分を授けるようにと、御旨のよしとするするとこ
           に従い、愛のうちにあらかじめ定めて下さったのであ
           る。                (エペソ人への手紙一・四、五)

 世の中の一般の日常語としてはあまり使われませんが、教会の中
ではごく普通に使われている「摂理」と言う言葉があります。岩波
の国語辞典には、(キリスト教で)世界のすべてを導き治める神の
意思・恩恵、と書いてあります。「摂理」と言う言葉そのものは聖
書(日本聖書協会、口語訳)に出てきませんが、同じ意味の言葉は
幾つかあります。
 旧約聖書では詩篇百四十六篇十節の「主はとこしえに統べ治めら
れる」と言う言葉などです。また新約聖書には「神の支配」を意味
する「神の国」と言う言葉がたくさん出てきます。
 クリスチャンは神が永遠に活けるお方として、わたしたちの歴史
に深く関与されていと信じています。しかも短く限られた歳月しか
生きておりませんわたしたちを、そこへ生かしめて下さるために神
さまは長い長い歴史の準備期間を設けて下さっておるようです。
 娘が中学校へ入学した日、担任の先生がお互いの命を大切にしま
しょう、と言って、黒板に図を書きながらおもしろいお話をしてく
れました。黒板の下の縁に小さな人間の略図を書きました。そこか
ら二本の線を上の方へ引いて、そこへ二人の人間の略図をまた書き
ました。更に、二人の人間の上にそれぞれ二本の線を引いて四人の
人間の略図を書き、上へだんだん伸ばしてちょうど逆三角形に人間
の系図を何段か書いて、やがてこう言いました。
 「みなさん、いま先生はみなさんの先祖に向かって何代かの系図
を書きました。一番下のみなさんから二十代さかのぼると何人ぐら
いの人になるか分かりますか」、「計算すると百万人以上の人たち
になりますよ」と。これにはわたしもびっくりして後で帰ってから
電卓で計算してみました。その時、先生のお話はまだ続いたのです。
 「上の方の誰かが、いや二十代上の百万人の一人が何かの理由で
欠けたとしますと下の方に影響を与えてみなさんは生まれて来ない
のですよ」と。なるほど理屈です。
 わたしは更に考えました。仮に欠けた人の相手が別の人と結婚を
したとしても生まれてくる人も違う人となり、系図は続いたとして
も一番下の人はわたしではない別の人になります。
 いやいや、もっと厳密に言えば人の入れ替わりがない、そのまま
の系図であっても、わたしの母親の妊娠のタイミングが少しずれた
だけで、一精子一人格の生殖原理から別人の系図が予想されるわけ
です。まさに命の存在の妙と言うものです。
 宗教改革者カルビンは冒頭のエペソ人への手紙を愛読し彼の神学
の一つの特徴である「神の予定」とか「神の予知」について、その
信仰を深めました。エペソ人への手紙の著者は使徒パウロですが、
頂いた神さまの恵みのすばらしさの故に、自分のこの幸いな経験は
神の単なる思いつきではなく、はるか以前からの神のご計画にある
と観想したのでしょう。彼はそのような神さまの摂理を自分一人だ
けの経験としてではなく、すべてのクリスチャンに普遍化させて、
「天地の造られる前から、キリストにあってわたしたちを選び・」
と手紙に書いたのです。
 確かに、自分がクリスチャンになる経緯を振り返ってみますと、
自分史以前、即ち、わたしのプレヒストリーがどうしてもたどられ
ます。更にはここまでの福音の担い手として用いられた聖徒たちの
連綿とした歴史までも辿られて行きます。そしてその歴史の主宰者
こそ神さまであると信ずることが、まさに摂理信仰というものなの
です。
 わたしにとっては、イエスさまとの出会いの経験こそが、自我の
目覚めの機縁でした。キリスト教の神さまが「生ける神さま」とし
て信仰告白されるかぎり、摂理信仰はすべてのクリスチャンの信仰
の大前提です。
 わたしの場合も、信仰の感性としてごく自然に、この摂理信仰が
についたようです。これは「神学のテーマ」として扱うよりも、
むしろ「信仰のテーマ」として扱うべきで、「摂理」はわたしたち
の知性を越えた奇にして妙な奥義の世界のようです。
posted by take at 23:04| Comment(0) | 礼拝メッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: