リンク集

2017年06月10日

著作家としてのイエスさま

   信仰の導き手であり、またその完成者であるイエスを
   仰ぎ見つつ、走ろうではないか。
              ヘブル人への手紙一二・二)

 上の句はヘブル人への手紙の中でもたいへん有名な句です。この
言葉によって、どんなに大勢のクリスチャンが励まされたり、慰め
られたりしたことか、お互いの信仰生活をふり返ってみても、ここ
ろ当たりの方が多いのではないでしょうか。
 ちょうどマラソン選手の伴走者のようなイエスさまが想い浮かば
れます。本当にイエスさまはわたしたちの信仰生活における最良の
ペースメーカーです。
 ところで、「導き手」と訳された言葉はそのあとの「完成者」と
言う言葉と対句の関係で使われていますから、厳密には「創始者」
とした方が良いかと思います。最近の新しい訳は「創造者」とか
「創始者」と訳しています。ペースメーカーとしてのイエスさまを
連想させるのは、あとに続く「仰ぎ見つつ、走ろうではないか」と
いう言葉からくるのです。
  神さまが創造すると言うことと、わたしたちが何かを創造すると
言うこととは本質的な違いがあります。まずプロデュースの道具立
てからして違います。わたしたちは既に存在しているものを用い、
またそれを加工して何かを創ります。しかし、神さまは自らの「こ
とば」によってすべてを創造されたと書かれています。神の「こと
ば」は単なる意志の表現手段ではなく、創造力そのものといった性
質を持っています。
 その昔、神さまはイスラエルをエジプトの奴隷から解放しようと
指導者モーセを立てて遣わされました。その時、神さまがご自分を
「わたしは、有って有る者」また「わたしは有る」と言う者、と自
己紹介をされました。それはまさに「ことば」と「創造力」を一つ
に併せ持つ神さまの本質なのです。
 人がものを創る能力に長けているのは創造主なる神さまのイメー
ジに似せて創られているからなのです。神さまは万物創造の最後に
ご自身の愛の対象として人間を、そしてその人間との交わりを可能
にするための信仰をわたしたちに創造されました。
 長いこと英語圏で支配的であったキング・ジェームズ訳は、「導
き手」をauthor と訳しています。創造者と言う意味もありますが、
一般的には著作者とか作家という意味です。
 わたしは白い紙とペンを手にすると、なんとなく気持ちが高揚す
るのを覚えます。だれの制約も受けず、自分の思いのたけを何でも
そこに表現できる自由さを実感するからだと思います。何を書こう
かと考えている時の楽しさはなんとも言えません。
 たしかに、著作といえば創造的な業です。イエスさまはわたしの
信仰をテーマに一つの物語を書き始めました。その物語が、どうい
う筋書きで展開されていくのか、わたしたちはそのドラマの主人公
ですから分かりません。しかも、イエスさまが書き上げていく世界
はフィクションではありません。すべてノンフィクションの世界に
成るのです。だからこそイエスさまは創造者なのです。
 テレビドラマなどでよく見かけるオープニングシーンにこんな情
景があります。にぎやかな人ごみの流れが映し出され、そのドラマ
の主役がその雑踏のどこかにいるのです。はじめのうちは分からな
いのですが、カメラの目がおおぜいの群衆の中の主役に焦点をしぼ
っていきます。そしてその主役の動きを追い、やがてその主役をク
ローズアップしていくシーンです。
 なんと、その主役があなたであり、またわたしなのです。大勢の
人々の中に埋没して生きていると思っていたわたしたちを、初めか
らイエスさまが神のいのちに生きる人生ドラマの主役として描き出
しておられます。
 更には、わたしたちがその主役を演じるとき、最高の演技ができ
るようにイエスさまは演出家も兼ねていてくださいます。
 楽園喪失以後のわたしたちへの熱い思いを主は自らの著作の中に
著わし、わたしたちをして神の栄光をあらわす尊い存在として書き
上げてくださいました。
 「あなたがたの内に良い業を始められたかたが、キリスト・イエ
スの日までにそれを完成して下さるにちがいないと確信している」
(ビリビ人への手紙一・六)。創造者は同時に完成者です、
posted by take at 10:36| Comment(0) | 礼拝メッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: