リンク集

2017年05月27日

出会い、その思い出の日々

    その翌日、ヨハネはイエスが自分の方にこられるのを見て
   言った、「見よ、世の罪を取り除く神の子羊・・・・」
              (ヨハネによる福音書一・二九)

 「ファースト・インプレッション」(第一印象)と言う言葉があります。人はこの最初の印象に規定された見方をします。この第一印象を変えるには余程の努力が必要です。よく言われるように鳥の世界の「刷り込み」もこのファースト・インプレッションの作用かと思われます。鳥が卵からふ化して最初に目にするものを親と思い込む習性です。
 文明の利器ワードプロセッサーは簡単にオーバーライト(上書き)出来ますが、動物や人間の頭はそう柔らかくなさそうです。先入観や食べず嫌いなどもその良い例でしょう。
 ところで、この消しがたい印象の理由は「最初の」という以外に「強烈さ」と言うこともあるでしょう。阪神大震災の惨状を体験した子供たちの中には精神的な後遺症(トラウマ)さえ心配される者もあると聞いています。
 大体、人間の頭脳構造自体、古い脳細胞のメモリーは固定されていてなかなか忘れないものらしいのですが、高齢者になるほどごく最近の新しいことはメモリー機能が低下してきて、いくらインプットしても消えてしまう傾向があるそうです。
 ある時、一人の老信徒が訴えて言うに「うちの嫁ときたら何かにつけてわたしに、婆さんは物忘れがひどいと言う。自分だって忘れるくせに・・・」と。そこでわたしは知恵を授けました。
 「もの忘れは好奇心や向学心の旺盛な証拠ですよ。例えば、ここに一升枡にすりきりのお米があるとします。なおその上に入れようとしたら、上の方を手でしゃくり出して、できた隙間に入れなければ入りません。脳の仕組みもそれと同じで、手でしゃくり出すことが忘れることなのです。しかも、しゃくり出す部分は上の方です。上の方とは最近覚えたばかりのことでしょう。下の方の古い記憶はいつまでもちゃんと残っているんです。新しい知識を覚えようとしたら、最近のことはどんどん忘れなければ、覚えられません」と。彼女は急に元気になって、「さすが先生だ。言うことが違う。こんど嫁がバカにしたら、この話してやろう」と言うのでした。
 次の週、彼女に「お嫁さんなんて言っていた」、と聞くと「何のことですか」と言うので、「例の、あの一升枡の話ですよ」と言うと、「あっ、言うのを忘れた」でした。本当にかわいいおばあちゃんでした。
 さて、ヨハネ福音書の始めの部分を読んでいると、イエスさまとの出会いに関する著者ヨハネのファースト・インプレッションの様子を大変強く感じます。冒頭の句から始まって一章の中だけでも「その翌日」と言う言葉が三度出てきます。そして二章に入ると「三日目に」と「その後」と言うくらいで、日をたどる言葉はなくなっていきます。
 わたしたちの入信事始め、すなわちイエスさまとの出会いのきっかけなども、そうだったのではないでしょうか。わたしも小学校四年生のとき日曜学校に最初に行った日のことは、今から五十数年も前のことながら鮮明に覚えています。二度目の日曜日のことも三度目の日曜日のことまではっきり覚えています。また中学二年生の改心した時のこともはっきり覚えています。
 凍てつく寒い冬の夜、集会の帰り道、家と教会とは目と鼻の百メートルも離れていない距離でしたが、その間にあった小さな池の縁に立って、ハラハラと流した涙は悔い改めと赦された喜びの涙でした。
 いろいろな「記憶」や「思い出」が長い時間の雲霧に霞んで、あるいは人間の老化の故に失われていったとしても、イエスさまとの出会いの日々だけはいつまでも鮮明に記憶に留まっています。
 伝説によれば、この書の著者ヨハネは流刑の地パトモス島で九十を越える天寿を全うしたと言われております。この福音書を著したときも彼自身がすでに高齢に達していたと言われております。それでも若き日のイエスさまとの最初の出会いの数日間を「その翌日」また「その翌日」と明確に覚えておったと言うことはファースト・インプレッションの作用もさることながら、どこまでも人を魅了してやまないイエスさまの印象深い、強烈なご人格の故とも言えるでしょう。
posted by take at 11:20| Comment(0) | 礼拝メッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: